グルメ福井

食は、人を育む根源。原始的な行為であるが、芸術にも成り得る。
エンターテイメントな食を求め彷徨う、個人の食べ歩きブログ。

<< トレパーチェのシェフが変わって * main * 米の雫 >>


ブルーライトカフェのチーズの会(仮)


チーズの会
という名前が正しいのかわかりませんが…
チーズの会
ブルーライトカフェで開かれた
チーズの会に呼んでいただいたので
参加してきました。



メインはモーンドール3種
AOCモンドール
右から熟成士が
ロドルフ・ムニエ
エルベモンス
最後が・・・^^;忘れた




そしてパンシニフィアン・シニフィエから
シニフィアンシニフェエのパン
写真右から
オーツ麦、カボチャの種、アマニ、ゴマ、ヒマワリの5種の穀物が入った
サンク・セレアル
クルミとピーカンナッツが入ったパン・オ・ノア
黒いちじくと白いちじくを使ったフィグ・エ・フィグ(ライ麦10%配合)

特にサンク・セレアルの気泡の入り方は驚きでした。


そして
硬度1,000といわれる室戸の海洋深層水と天然水
フランスデコローニュ社のビオ小麦を
ブレンドして作っているというスペシャリテ
バゲット・プラタヌ

バゲット・ドゥ・ジュール
バゲットポルチーニ
パン・オ・ヴァン

SSの新作バゲットポルチーニと
パン・オ・ヴァンは第一印象◎。

バゲット・プラタヌはじっくりそれだけで味わってみたいと思うバゲットでした。


プレジュールのパン
レ・プレジュールからは
バゲット・ルヴァン
1週間ほど前からはじまったばかりの
モハベ産レーズンやナッツの入ったドイツパン
リュスティックなど


ロフティのパン
ロフティー(栄養軒)からは
天然酵母のカンパーニュ
バタール
バゲットCC
など

モンドール_エルベモンス
ここまで熟成が進んでいるモンドールを食べるのは
おそらくはじめてだと思いましたが
熟成士によってこれほど味が違ってくるんですね…

ロドルフ・ムニエ氏が熟成したモンドール
山から吹きおろしてくる風が木立ちを吹きぬけてきたような
キレとさわやかさがありましたが、
個人的には、エルベモンス氏のモンドールが舌と合いました。

チーズ盛り

ロドルフ・ムニエ氏が熟成したロックフォール
クリティカルヒット
ソーテルヌという貴腐ワイン
(T森先輩の話では、ソーテルヌ キュヴェ・デクセプションというA.C. ソーテルヌ)
との相性も至福の時でした

他、ラミ・ド・シャンベルタンのウォッシュチーズなど





白いちご
白いイチゴは縁起物だそうで、
高値で取引されている稀少品。
それにしてもいつもありえない食材で楽しませてくれるお店です

チーズ(フロマージュ)が好きな方、
チーズ(フロマージュ)を勉強したい方は
行ってみると楽しめるのではないでしょうか


ブルーライトカフェ#1
ブルーライトカフェ#2
ブルーライトカフェのチーズ会
ブルーライトカフェ#3
BAR バー * 01:53 * comments(2) * trackbacks(0)
先日のSauternesについて、一応誤解がないように、フォローを入れておきます。
-Dourthe Sauternes Cuvee d'Exception-
DourtheというNegociantがreleaseしているAC Sauternesで、以前日本のimporterがCh.d'Yquemのbalkと称して販売した過去がありますが、Ch.d'Yquemから思いっきり否定されています。
まぁ、火のないところに何とかということもありますが、このままCh.d'Yquemのbalkと表記しておくのはいささか危険なので訂正したほうが、社会的にはよいと思います。
T森 * 2009/01/24 4:18 AM
先輩フォローありがとうございます^^
訂正しておきます。
また違っていたり、表記のおかしなところがありましたら教えてください(^^♪

ふぁん * 2009/01/24 1:16 PM









http://gourmet-fukui.jugem.jp/trackback/519


07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

CATEGORIES
RECOMMEND
Instagram
LINKS

Amazon
無料ブログ作成サービス JUGEM
MOBILE SITE
   qrcode

サイト内検索 Google
SELECTED ENTRIES
にほんブログ村 地域生活ブログ 福井情報へ
ついったー
RECENT COMMENTS
アクセスランキング
PROFILE

お取り寄せ
FX